組み込み機器開発ツール  当社ホームページにアクセスして頂いてありがとうございます。テキサス・インツルメンツ、アーム、8051 CPU、アナログデバイセズ、フリースケール他のDSP,ARM,CPUのプログラムを開発するための統合開発環境ソフトウェア、インサーキットエミュレータ、評価用ボードを販売・サポートしております。
 開発の際に必要となるオシロスコープ、ロジアナは動画取説を採用し、簡単にマスターしていただけます。
 開発が終わった後の量産用のデバイスプログラマも数多くラインアップし、お求めやすい価格で販売いたします。
メガピクセルIPカメラデジタルビデオレコーダやで安心のまちづくりにも貢献いたします。
営業部による販売のほかに ネットショップもご用意し、様々な方法のご購入に対応いたします。
 HP内検索  ヘルプ

4x2 HDMIマトリックススイッチ
4K 3D ARC対応 トスリンク出力付

aHD-MTX42-A4Kは複数のハイビジョン信号を入力し、複数のハイビジョンを出力します。入力はHDMI 4、出力はHDMI 2つと音声です。 HDMIはどの出力端子にも、どの入力信号も選んで出すことができます。付属のリモコンで簡単に切り替えられます。分配器(スプリッター)と切替器(セレ クタ)を同時に実現し、しかも音声分離もできる、多機能ハイビジョンマトリックススイッチです。フルハイビジョンはもちろん、4Kテレビ、3Dにも対応し ています。
USB-HDMI変換器

【製品型番】
●aHD-MTX42-A4K

【初めての方に】



【特徴】
● どのHDMI 出力端子にも、任意の入力信号を出力させることができます。
● ひとつの入力を複数の出力端子に同時に出力させることができます。
● 入力端子の一つはMHL入力に対応しています。
● 映像の入出力端子はHDMIコネクタです。
● ABある2系統の出力のうち、A系統には音声分離機能があり、SPDIF(トスリンク)および3.5mmのアナログステレオ出力も装備しています。
● 音声分離には ADV/2ch/5.1ch のモードがあります。
● フルハイビジョンはもちろん、4Kテレビ(30Hz)、3Dにも対応しています。
● 30bit, 36bit, 48bitの高画質の色処理
● Blue-Ray 24/50/60fs/HD-DVD/xvYCC 対応
● 音声はDTS-HD/Dolby-trueHD/LPCM7.1/DTS/Dolby-AC3/DSD対応
● 出力ケーブル長は規格の6mを超える長めのケーブルをつなげられる駆動能力を持ちます
● 出力や機能の選択は付属の赤外リモコンでできます。
● MHLポートはRCP機能をサポートしていますから、テレビのリモコンでスマートホンや切り替え機をコントロールできます。(スマートホンは対象機種が限られます)
● SPDIF出力の動作モードはスイッチで切り替えできます。
● 起動時は初期状態から動作開始となります。
● 見やすい状態表示LEDつき
● 5V2A ACアダプタ付き
● この装置は HDMIアソシエーション アドブタのメンバーのメーカーの設計・製造によるものです。アドブタはHDMIの技術情報を的確に取得し設計製造に反映できる立場を有します。

【仕様】
● ビデオアンプ帯域 10.2Gbps/340MHz
● 入出力TMDS信号 :0.5〜1.5V p-p
● 入出力 DDC信号 :5V p-p (TT1L)
● 消費電流    :1300mA 以下
● 動作温度範囲 :-15 ℃ 〜 +55℃
● 動作湿度範囲 :5% 〜 90 % RH (結露なきこと)
● 電源      :ACアダプタ 5V2A
● 寸法      :250 X 27 X 75  mm
● 重さ       :380g

【付属品】
●本体
●電源
●リモコン
●MHL-HDMIケーブル
●マニュアル

【説明】
● 前面パネル

0N/0FF : 電源スイッチ
POWER : 電源ランプ
A : HDMI A系統出力の状態表示
A (1- 4) : A系統で選択されている入力番号1-4のランプ
IR     :  赤外線受光部
B     :HDMI B系統出力の状態表示
B (1- 4) : HDMI B系統出力の状態表示
ARC :ARC 状態表示
SPDIF   :SPDIFポートの状態表示
2CH    :2CH音声出力状態表示
5.1CH   :5CH音声出力状態表示
ADV    : アドバンス音声状態表示
A key   : HDMI A系統出力スイッチ
B key   : HDMI B系統出力スイッチ
ARC    : ARC機能 オンオフスイッチ(HDMI A系統出力の適用)
SPDIF/   : SPDIF /ヘッドホン のオンオフスイッチ
Audio    :音声モードの切り替え。 押すごとに 5.1CH、2.0CH、 ADV [Advance Audio] が順に切り替わります。

● 背面パネル

DC 5V      : DC 5V入力
MHL/HDMI IN1 : MHL/HDMI 二役入力
HDMI IN2    :  HDMI 入力端子
HDMI IN3     :  HDMI 入力端子
HDMI IN4     :  HDMI 入力端子
OUT-B       :  HDMI B 系統出力
OUT-A      :  HDMI A 系統出力
SPDIF       :  SPDIF 光出力
ヘッドホン印   : 3.5mm 音声出力

● ARC
ARCはオーディオリターンチャンネルの意味で、図の赤線のように、テレビ内部の音声がHDMIを経由してARC対応切替器を経由してAVアンプに引き渡せる機能です。テレビがARCに対応している必要があります。


【接続】
1. HDMIケーブルを使用してHDMIの信号源と本機の入力を、スマートホンと接続するときはMHL-HMDIケーブルを使って本機と接続してください。
2. テレビやプロジェクタなどと、本機の出力をHDMIケーブルで接続してください。
3. 音声出力 をアンプに接続してください。
4. 本機にACアダプタを使って電源を接続してください。
5. 赤外線リモコンを使って 信号を選んでください。
6. 本機が接続できたスマートホンは下記の物です。それ以外のものを接続してうまく接続できなかった場合は対処の方法はございませんので予めご承知置きください。
 HTC :   sensation(G14)、 SII I9100、sensation XE、EVO 3D、 One X、Flyer
 Samsung : I9108、 Galaxy Note Phone、 SIII

【使用上の注意 電子機器一般論】
機器内部には低消費電力、高性能のCMOS集積回路を使用しています。接続する各機器のコンセントの場所によってはAC100Vの電圧の影響が表れること があります(近くでモーターをつかった掃除機などを使っている場合は特に)。一般的に、その状態でHDMIケーブルを抜き差しすると半導体が壊れる可能性 があります。これを避けるため各機器は出来るだけ近くのコンセントから電源を取るようにしてください。

【使用上の注意 ケーブル長】
HDMIケーブル配線長が6mを越えて長くなると、画像と音声が正しく伝わっていても、制御信号は正しく伝わらない場合が発生しえます。その場合画像や音 声がときどき断となったりして、まるで機器の故障のように見えるときがあります。HDMIが6mを越えるときは、安定した動作を得るためHDMI延長器を ご使用ください。

【接続方法】
●AVアンプには光デジタル出力を接続してください。


【使用上の注意 接続方法】
●パソコンのHDMI端子との直接接続は推奨しません。
stUSB3-HDMIVGA+a-HDMI352を使用し、正しく取り扱いができるHDMI信号に変換してからご使用ください。

【納期】
ロイノスダイレクトショップにて価格・納期をご確認いただけます。個人の方や、会社の方でも発注が柔軟に行える方はショップのご利用が便利です。お買いもの金額に応じてポイントが付きます。




ご購入について

  ご注文は弊社に直接見積もりをご依頼いただくのが簡便です。連絡先はページ最下部にございます。直接購入が難しい場合はご指の商社定経由での販売も承ります。 銀行振込のお支払いの他、商品によっては代引き発送も可能です。
 価格・納期・疑問点はメールでお気軽にお問い合わせください。

 個人の方や、会社の方でも発注が柔軟に行える方はロイノスダイレクトショップが便利です。お買いもの金額に応じてポイントが付きます。


top

▲UP