組み込み機器開発ツール  当社ホームページにアクセスして頂いてありがとうございます。テキサス・インツルメンツ、アーム、8051 CPU、アナログデバイセズ、フリースケール他のDSP,ARM,CPUのプログラムを開発するための統合開発環境ソフトウェア、インサーキットエミュレータ、評価用ボードを販売・サポートしております。
 開発の際に必要となるオシロスコープ、ロジアナは動画取説を採用し、簡単にマスターしていただけます。
 開発が終わった後の量産用のデバイスプログラマも数多くラインアップし、お求めやすい価格で販売いたします。
メガピクセルIPカメラデジタルビデオレコーダやで安心のまちづくりにも貢献いたします。
営業部による販売のほかに ネットショップもご用意し、様々な方法のご購入に対応いたします。
 HP内検索  ヘルプ
HOMEボード > signalware > DSP開発ツールORS シリーズ

micro-line, DSK用 拡張カードの概要
 SIGNALWARE社のORS-xxx拡張カードシリーズは「ORSYS社DSPボード」、あるいは「TI社のDSK」にアナログI/Oを追加する製品群です。 接続するバスの形式はORSS社のmicro-lineという製品の持つインターフェイスです。したがってSignalware社のボードはに直接接続できます。
TIのDSKと接続たるためにORS-90Xという変換基板が用意されています。この製品を使えばDSKにもアナログI/Oを追加できます。

使用できる代表的な親ボード
 TI製 DSK 6711, DSK 6713, DSK 6416 (変換アダプタを利用します)
ORSYS製 ml-6711CPU,ml- 6713CPU, ml-6713Compact,etc... (直結できます。I/O電圧3.3Vと5Vの違いで接続できる組み合わせの出来ない組み合わせがあります。)

製品の種類
ORS-112 : 中速、高精度       16Bit 2.5MHz  4入力A/D, 16Bit  1MHz 4出力D/A
ORS-114 : 高速            14Bit 65 MHz  2入力A/D, 14Bit 65MHz 2出力D/A
ORS-116 : 高精度、多チャンネル 16Bit 0.25MHz 12入力A/D, 16Bit 0.2MHz 12出力D/A

ご購入について      詳細
 ご注文は弊社に直接見積もりをご依頼いただくのが簡便です。お客様のご都合により直接購入が難しい場合はご指定の商社経由での販売も承ります。銀行振込のお支払いの他、代引き発送も可能です。
 価格・納期・疑問点お問い合わせ
  ネットショップでもご購入いただけます。

サポート
ボード類のサポートに関して メールサポートは -M10 の10時間にて承ります。

輸入手数料について
 Signalware社の製品は、一回のご注文ごとに輸入手数料のご負担をお願いしております。できるだ一括してご発注いただくと経費の節約となります。

ORS-112
上面図 底面図
ORS-112
ORS-112

製品の大別
種別
ビット
精度
A/D D/A
デジタル
I/O
個数,
チャンネル数
最高周波数
個数,
チャンネル数
最高周波数
2チャンネル
12
2個 , 1ch
20MSPS
2個 , 2ch
1MSPS
4I, 4O
4チャンネル
16
4個 , 1ch
5MSPS

ブロック図   クリックで拡大
ORS112 ブロック図


仕様
 A/D変換器 AD9260 、D/A変換器 LTC26x2 、XILINX FPGA搭載
 搭載しているFPGAとのデータ転送に限界がありますので、必ずしもA/DやD/Aの最高周波数でデータを処理できません。A/Dは、12ビットの場合20MSPS、,16ビットの場合2.5MSPSです。D/Aは625KSPSです。
  DSPのサンプルプログラムつきです。ご購入時に親ボードの型番を一つご提示ください。FPGA設計も書き込まれていますし、修正が必要な方のためにソースコードを提供する「FPGA開発用パッケージ」もございます。
  FPGA書き込み用JTAGコネクタ搭載。コンフィギュレーション用シリアルROM搭載。
  複数枚の同時使用も可能です。

接続できる親ボード
 拡張バスの仕様は ORSYS社のmlシリーズのものですのでこれらを親ボードとして使用する場合は直接接続できます。バス電圧には5系と3.3V系があり、それぞれ互換性はありませんので、ご検討の際は、予定のス親ボードと合うかどうか、ロイノスにご確認下さい。TIのDSKに接続するには変換器 ORS-90xを使用すれば接続できます。

入出力
 アナログ入力 50ピン(2 x 25) 2mmピッチ
 アナログ出力 26ピン(2 x 13) 2mmピッチ
 デジタルI/O コネクタ 10ピン(2 x 5)  2.54mmピッチ
寸法 123mm x 67mm x 11mm
重量 165g
消費電力 5Vまたは3.3V系0.4W , +12V系 4.1W
動作温度範囲 0〜64度

型番・仕様・オプション
 通常生産しているORS-112は下記のもりで、納期が早め、価格が安めになります。仕様の変更は可能ですので、必要な場合にはご相談下さい。
型番 ORS112-4-4S
仕様 3.3V電源動作用 (主としてorsysのml-C6713CPUなどに用います)
A/D直流結合 , XILINX Spartan200UE , 40MHz発振器

ORS112共通オプション
 FPGAをSpartan300UE -6C へ換装
 FPGAをVirtexU 250-4Cへ換装
 FPGAをVirtexU 500-4Cへ換装
 FPGAをVirtexU 1000-4Cへ換装
 発振器
 A/D入力をAC結合に改修 (標準はDC結合)
 DSK接続用変換器 
 FPGA開発用パッケージ(Virtex搭載器用)  ORS112 - Virtex 
 FPGA開発用パッケージ(Spartan搭載器用) ORS112 - Spartan


マニュアル  メールにてご請求ください。

top


ORS-114

製品の大別

種別
ビット
精度
A/D D/A
デジタル
I/O
個数,
チャンネル数
最高周波数 個数,
チャンネル数
最高周波数
2チャンネル 14 1個 , 2ch 65 MSPS 1個 , 2ch 100MSPS 4I, 4O
4チャンネル 2個 , 2ch 40 MSPS 2個 , 2ch 40MSPS


ブロック図   クリックで拡大
ors-114ブロック図


仕様
 A/D変換器 AD9248 、標準は直流結合
 D/A変換器 AD9767、 XILINX FPGA搭載
 搭載しているFPGAとのデータ転送に限界がありますので、必ずしもA/DやD/Aの最高周波数でデータを処理できません。上記の「製品の大別」の表に上限を示しています。
 DSPのサンプルプログラムつきです。ご購入時に親ボードの型番を一つご提示ください。FPGA設計も書き込まれていますし、修正が必要な方のためにソースコードを提供する「FPGA開発用パッケージ」もございます。
FPGA書き込み用JTAGコネクタ搭載。コンフィギュレーション用シリアルROM搭載。
外部インターフェイス
 拡張バス方式は ORSYS社のmlシリーズのものです。TIのDSKに接続するには変換器をご使用下さい。
 アナログ入力 50ピン(2 x 25) 2mmピッチ
 アナログ出力 26ピン(2 x 13) 2mmピッチ
 デジタルI/O コネクタ 10ピン(2 x 5)  2.54mmピッチ
寸法 123mm x 67mm x 11mm
重量 165g
消費電力 5Vまたは3.3V0.4W  +12V系 4.1W
動作温度範囲 0〜64度

型番・仕様・オプション
 通常生産しているORS-114は下記のもので、納期が早め、価格が安めになります。仕様の変更は可能ですので、必要な場合にはご相談下さい。

型番
 ORS114-2-2S
仕様  3.3V電源動作用 (主としてorsysのml-C6713CPUなどに用います)、
      2チャンネル版 , A/D直流結合 ,  XILINX Virtex1000 , 65MHz発振器

ORS114共通オプション
 FPGAをSpartan300UE -6C へ換装
 FPGAをVirtexU 250-4Cへ換装
 FPGAをVirtexU 500-4Cへ換装
 FPGAをVirtexU 1000-4Cへ換装(標準生産品相当)
 発振器
 A/D入力を交流結合に改修 (標準は直流結合)
 DSK接続用変換器 ORS-90x 
 FPGA開発用パッケージ(Virtex搭載器用)  ORS114-V 
 FPGA開発用パッケージ(Spartan搭載器用) ORS114-S
カタログ

マニュアル メールにてご請求ください。



top


ORS-116

上面図 底面図
ORS-116 Top Side
{short description of image}
種別
ビット
精度
A/D D/A
デジタル
I/O
個数,
チャンネル数
最高周波数 個数,
チャンネル数
最高周波数
12チャンネル
16 2個 , 6ch 250KSPS 3個 , 4ch 250KSPS 4I, 4O


ブロック図   クリックで拡大
ors-116ブロック図


仕様
 A/D変換器 ADS8364 、標準回路は直流結合
 D/A変換器 DAC8534、 XILINX FPGA搭載
 DSPのサンプルプログラムつきです。ご購入時に親ボードの型番を一つご提示ください。FPGA設計は書き込まれています。
 FPGA書き込み用JTAGコネクタ搭載。コンフィギュレーション用シリアルROM搭載。
外部インターフェイス
 拡張バス方式は ORSYS社のmlシリーズのものです。TIのDSKに接続するには変換器をご使用下さい。
 アナログ入力 50ピン(2 x 25) 2mmピッチ
 アナログ出力 26ピン(2 x 13) 2mmピッチ
 デジタルI/O コネクタ 10ピン(2 x 5)  2.54mmピッチ
寸法 123mm x 67mm x 11mm
重量 165g
消費電力 5Vまたは3.3V系0.4W , +12V系 2.1W
動作温度範囲 0〜64度

型番・仕様・オプション
 通常生産しているORS-1164は下記のもので、納期が早め、価格が安めになります。仕様の変更は可能ですので、必要な場合にはご相談下さい。
型番 ORS116-12-12S
仕様  3.3V電源動作用 (主としてorsysのml-C6713CPUなどに用います)、
     A/D直流結合 ,  XILINX Spartan200UE

ORS116共通オプション
 FPGAをSpartan300UE -6C へ換装
 FPGAをVirtexU 250-4Cへ換装
 FPGAをVirtexU 500-4Cへ換装
 FPGAをVirtexU 1000-4Cへ換装(標準生産品相当)
 発振器
 A/D入力を交流結合に改修 (標準は直流結合)
 DSK接続用変換器 ORS-90x

カタログ

マニュアルメールにてご請求ください

top


ORS-119

ブロック図   クリックで拡大
ors-119ブロック図


仕様
 LVTTL, LVDS, 光絶縁の入出力を 8 から96 本まで拡張します。
 DSPのサンプルプログラムつきです。ご購入時に親ボードの型番を一つご提示ください。FPGA設計は書き込まれています。
 XILINX FPGA Spartan50UE -6C 標準搭載
 FPGA書き込み用JTAGコネクタ搭載。コンフィギュレーション用シリアルROM搭載。
 外部インターフェイス
 拡張バス方式は ORSYS社のmlシリーズのものです。TIのDSKに接続するには変換器をご使用下さい。
 デジタルI/O コネクタ  10ピン(2 x 5)  2.54mmピッチ、50ピン(2x25) コネクタ 2個
 寸法 123mm x 67mm x 11mm
 重量 165g
 消費電力 5Vまたは3.3V系0.4W , +12V系 2.1W
 動作温度範囲 0〜64度

型番・仕様・オプション

ORS119共通オプション
 DSK接続用変換器 ORS-90x

カタログ

マニュアル メールにてご請求ください

top




ORS-121
Data Bits
A/D x Channels
A/D Max. Sample Rate
D/A x Channels
D/A Max. Sample Rate
Digital I/O
12
2 x 1
210 MSPS
2 x 1
300 MSPS
4I, 4O


ORS-919
Data Bits
A/D x Channels
A/D Max. Sample Rate
D/A x Channels
D/A Max. Sample Rate
Digital I/O
Connects any Semiconductor Manufacturers Evaluation Module to the "micro-line" stack (usually 2 per stacked card)

* m = multiplexed channels; s = separate converters;

 

 

▲UP