組み込み機器開発ツール  当社ホームページにアクセスして頂いてありがとうございます。テキサス・インツルメンツ、アーム、8051 CPU、アナログデバイセズ、フリースケール他のDSP,ARM,CPUのプログラムを開発するための統合開発環境ソフトウェア、インサーキットエミュレータ、評価用ボードを販売・サポートしております。
 開発の際に必要となるオシロスコープ、ロジアナは動画取説を採用し、簡単にマスターしていただけます。
 開発が終わった後の量産用のデバイスプログラマも数多くラインアップし、お求めやすい価格で販売いたします。
メガピクセルIPカメラデジタルビデオレコーダやで安心のまちづくりにも貢献いたします。
営業部による販売のほかに ネットショップもご用意し、様々な方法のご購入に対応いたします。
 HP内検索  ヘルプ
HOME実験報告 > DSP開発ツールeZdsp F2812

eZdsp F2812 と CCS

eZdsp F2812-CCS (DSPボード、添付の専用版CCS)を使用してみる
 この製品は米国ではOEM品としてTI社がTMDX3P761128 という型番で販売しています。
 日本TIからは発売されておらず、日本ではスペクトラムデジタルの製品として販売されています。日本TIからはDSPがソケットに乗ったタイプのTMDSEZS2812のみ販売されています。

ホストPC :  メルコ製 ミニコンポ SW6  (CPU Celeron 700MHz)
OS   :    Windows 2000(98/Me/xpでも使用できるはずです)
 F2812をターゲットボードとし、eZdspに同梱のパラレルポートケーブルでPCとボードを接続。
バンドルされているCCS C28xx をインストールし、下記に示すCCS Setupのように設定の上、CCSを起動しました。
申し遅れましたが、ACアダプタもついています。
 DSPボード上にJTAGエミュレーション端子がついていますので、ためしにXDS510PP PLUSなどを接続してみましたが、
 CCSの機能が限定されているようで、うまく起動できませんでした。JTAGエミュレータを使用するには製品版のCCSが必要のようです。

機器の動作状況

機器の動作状況

DSPボードの外観
DSPボードの外観

CCS Setupの様子
CCS Setupの様子
CCS Setupの様子
CCS Setupの様子
CCS Setupの様子
CCS Setupの様子

エミュレータ 詳細・購入         DSK,EVM, ボード 詳細・購入

▲UP