組み込み機器開発ツール  当社ホームページにアクセスして頂いてありがとうございます。テキサス・インツルメンツ、アーム、8051 CPU、アナログデバイセズ、フリースケール他のDSP,ARM,CPUのプログラムを開発するための統合開発環境ソフトウェア、インサーキットエミュレータ、評価用ボードを販売・サポートしております。
 開発の際に必要となるオシロスコープ、ロジアナは動画取説を採用し、簡単にマスターしていただけます。
 開発が終わった後の量産用のデバイスプログラマも数多くラインアップし、お求めやすい価格で販売いたします。
メガピクセルIPカメラデジタルビデオレコーダやで安心のまちづくりにも貢献いたします。
営業部による販売のほかに ネットショップもご用意し、様々な方法のご購入に対応いたします。
 HP内検索  ヘルプ
HOME 実験報告DSP開発ツール   

DSP関連実験報告

CCS Ver3.3 ・Windows 7  接続確認 

CCS Ver5 ・Windows xp  接続確認

CCS Ver4.2 ・Windows 7  接続確認

CCS Ver3.3 ・Windows xp 接続確認

CCS Ver3.3 ・Windows Vista 
接続確認

CCS Ver3.1 ・エミュレータ・DSPボード  接続確認


CCS Ver2.2 ・エミュレータ・DSPボード  接続確認

CCS Ver2.1 ・Windows xp  動作確認


各エミュレータの性能をダウンロード速度で比較
Blackhawk560b
Blackhawk560U+L(TMDSEU560Uの高機能版)
Blackhawk560m(TMDSEU560U)
JTAGjet
XDS510USB 
Blackhawk560は、CCS3.3に対応したデバイスドライバになって以降、若干速度が低下しました。DaVinciテクノロジーへの対応、安定性の重視などを考慮して結果とも考えられます。

TI社DaVinci DM6446評価ボード と各社各種エミュレータとの 接続確認
  Blackhawk560b
  Blackhawk560U+L
  Blackhawk560m
  Blackhawk560
  JTAGjet
560互換機は十分な性能が出ますが、それ以外のいわゆる510互換型は動作速度が落ちます。

TI社DM642評価ボード と各社各種エミュレータとの 接続確認
  Blackhawk2
  Dspice*-LV
  FleXDS-PCI
  TDS510USB2
  Predator

eZdsp F2812を接続してみました  状況
 モーター、電源制御で使用されることの多いDSP F2812 の簡単評価キット eZdsp F2812をPCに接続しCCSを起動してみました。

TI社XDS560互換JTAGケーブル 評価実験
 TI社が販売しているXDS560用JTAGケーブルの「Ver B」と「Ver D」、Wintech Digital社の互換ケーブル「WT560CBL」の各ピンの電気的動作タイミングを計測しました。 TI製ケーブルの故障時、保守用としてWintech Digitalのケーブルは、価格、納期、互換性の面で推奨します。

JTAGのクロック周波数とダウンロード速度の関係の 実験
 XDS560世代のJTAGエミュレータはJTAGクロック周波数を上下させることができます。標準の10MH、低い500KHz,高い35MHzに変化させて、プログラムのダウンロードにどのような影響がでるか調べました。

マルチDSPのデバッグ環境構築  実験
 複数のDSPのプログラム開発を、一つあるいは複数の開発ツールをつかってどのように構築できるか、いくつかのパターンで実験を行いました。

 

▲UP